挙式のスタイルによって

これから結婚式をおこなおうとお考えのカップルの多くは、どこの会場にするのか悩まれているのではないでしょうか?日本国内に結婚式をおこなうことのできる会場は非常に多いため、会場選びも一苦労かもしれませんね。
結婚式の会場を決めるにあたって、挙式のスタイルというのも非常に大切な要素になります。結婚式はほとんどの場合、挙式と披露宴の両方をおこなうことになります。もちろん、最近では海外に行って挙式だけをおこなう海外挙式などのスタイルも流行っていますが、日本国内の会場で挙式と披露宴の両方をおこなうスタイルも非常に多いです。そのため結婚式の会場選びをする場合には、挙式会場と披露宴会場の両方を探す必要があるのです。
ホテルや結婚式場などですと、挙式会場と披露宴会場の両方が併設されていますが、レストランウエディングの場合などは挙式会場が備わっていないレストランも多いです。そういった場合ですと、挙式と披露宴を別の会場でおこなうことになりますので、移動のしやすさなどを考慮したうえで会場探しをおこなう必要があります。
また、もう一つ重要なのがどのような挙式スタイルにするかによって選ぶ結婚式会場が変わってくるという点です。挙式のスタイルには、キリスト教式と神前式、そして人前式がありますが、どの挙式スタイルにするかはまず最初に決めておいたほうがよいでしょう。キリスト教式は教会やチャペルなどでおこなわれ、神前式は神殿でおこなわれます。人前式の場合ですと、形式や格式などはあまり重んじられないため十字架を外したチャペルでおこなったり、披露宴会場でおこなったりとさまざまです。よって、キリスト教式で挙式をおこなう場合には、教会でおこなうかホテルやゲストハウスなどに併設されているチャペルでおこなうことになります。神前式の場合ですと、神社かホテルや結婚式場などの仮神殿などで挙式をおこなうことになるでしょう。ホテルや結婚式場によっては、チャペルしか併設されていない場合や、神殿しかないこともあります。よって、挙式会場と披露宴会場を同じ場所にしたい場合には、どのような挙式をおこなうことができるのかあらかじめ確認しておく必要があるのです。
このような点から、結婚式会場を探すにあたって、どのような挙式のスタイルにするのかというのは非常に重要になります。そのためにはまず、それぞれの挙式スタイルの違いを知っておく必要があるかもしれませんね。

このページの先頭へ